ままぱんについて

店名   那須の雑穀パンの店 ままぱん
所在地  〒329-2763
栃木県 那須塩原市井口56-16
電話番号  080-5053-5415
店主 手塚克子

朝食にランチに、夜食に毎日食べるパンだからこそ素材にこだわった身体に安心なパンを選びたいですね。
だからといって美味しくないパンはイヤ!

そこでままぱんは素材に気配りをしました。
一手間かけました。
時間をかけました。

ままぱんのパンは厳選した素材とパンの種類にあわせた自家製手づくり天然酵母を使用して、砂糖を使わない低温長時間発酵のハード系のパンです。

小麦は国産小麦(北海道産、和歌山県産)、国産全粒粉、塩は自然海塩、有機栽培のレーズンや国産いちじくなど、安心安全で身体に良いものだけを使用しています。

天然酵母は手づくりでパンの種類にあわせて材料を変えています。酵母を作るのに1週間から10日ほどかかり、使用できる期間は3日位の酵母を使いパン独自の深い味わいを生み出しています。

全粒粉食パン、五穀食パン、ふすまパン、田舎パンは「中種法」を用いています。
中種法は、中種発酵に15時間から20時間、生地発酵に早くて2時間かかる手間のかかる製パン法です。しかし、中種法は、全発酵時間が長くなる事により、発酵・熟成・水和が十分に行なわれ生地の吸収量が増え、膨張し、ボリュームが増し固くなりにくい美味しいパンが出来上がります。

ライ麦パンには「サワー種法」を用いています。
作り方はまず初種を作ります。6日間毎日ライ麦と水を継ぎ足して生地を酸化熟成させます。初種をもとにそれぞれのライ麦パンに合うサワー種に仕上げます。
粉や大気中に存在するイーストや乳酸菌を粉と水を練り合わせた生地で培養するものです。
長所は香り豊かな味わい深く焼きあがります。パンの個性が発揮できる。
短所はパンのできあがりが不安定(毎日同じ味・形になりにくい)

ライ麦やふすまなどの雑穀や小麦全粒粉を独自の配合で混ぜて焼いたパンはビタミンやミネラル・食物繊維が豊富で栄養価が高く、独特の風味と味わいを持っています。また食物繊維が豊富なのでカロリーは抑え目なヘルシーフードです。

外側はパリッと中はもっちりと食べ応えがあり、ナチュラルで深い味わいのパンです。ナッツや果物類の入ったパンは2、3日熟成させてから食べても美味しく頂けます。

そのまま食べるのはもちろん、野菜やお肉・チーズ・お酒等とあわせて食べても美味しいので、毎日のお食事やおやつ、特別な日のパーティ料理等色々なシーンにご利用頂けます。

パンの保存方法
一度に食べきれない場合は、1枚づつスライスして密封袋に入れて冷凍してください。
(密封袋を二重にすると霜がつきにくくなります)

召し上がる時には、凍ったまま少し水で霧吹きしてあらかじめ温めておいたオーブントースターで4分から5分焼いてください。(焼きすぎに注意してください)

常温・冷蔵で保存される場合は、乾燥を防ぐためにビニール袋や密封容器に入れて保存してください。高温多湿の場所ではカビが生えやすいのでご注意ください。

Copyright(c) 2014 那須の雑穀パンの店 ままぱん All Rights Reserved.Designed by o2BusinessTheme